Interview Violin 遠井 彩花

   現役の音楽大学生や一般大学生、そして高校生、大学を卒業した社会人まで幅広い人が所属するVari Orchestra。異なる環境で学んできた団員たちは、それぞれどんなことを考えながらVari Orchestraで演奏をしているのだろうか。そんな音楽に関する“おしゃべり”に近いような形でお届けしていく企画です。

  第4弾は、初回演奏会から乗ってくださり、9月24日に行われた特別公演にてコンサートミストレスを務めた遠井彩花さん。遠井さんには、Vari Orchestraに参加してきて思うこと、そして先日の公演を終えての感想を伺いました。

Violin / Concertmistress 遠井 彩花

──本日はよろしくお願いします。早速ですが、遠井さんは初回公演から参加してくださっていて、今回の公演でおそらく3回目の本番となりましたが、Vari Orchestraに対してどんな印象をお持ちですか?

遠井 代表の佐藤さんが自ら演奏会を開き、コンサートマスターや指揮もされているということにまず魅力を感じましたし、同時に驚きました。また、色々な所で活躍されている音大生や音大卒業生をはじめ、アマチュアで演奏されている方もおり、それぞれの場所で学び、培った知識や演奏を共有する場になっていて、私自身の考えの幅を広げることができ、勉強になっています!

──私も彼の行動力には、いつも驚かされています。様々なバックグラウンドを持つ奏者がいるという点を魅力に思ってくださっているのは、とても嬉しいです。今回の演奏会では、ブラームスを扱いましたが、練習の際にブラ1に思い入れがあるということをおっしゃてましたよね。

遠井 はい、実は私が初めてコンサートミストレスで交響曲を演奏したのがブラ1でした。まだまだ勉強量は足りないと思っていますが、当時いろいろな音源を聴いたり、先生に弾き方や考え方を教えていただいたりと、私なりにコンサートミストレスとしてブラ1の勉強をしました。

──なるほど!やっぱり初めての曲って思い入れが深くなりますよね。今回はいわゆる「ブラームス」とは異なるところが多かったと思うのですが、何か感じること、思うことはありましたか?

遠井 そうですね。初めてコンミスを務めた際の基盤があったので、その時の演奏と比べて、今回バリオケで初合わせをした際の印象はかなりテンポが速いなという感じがしました。指揮者にはブラ1にも(ベト2にも)ピリオド奏法を使いたいという意向があり、音質はブラームスのイメージに寄せながらテンポは少し前向きという作り方を心がけました。

──そうですよね、テンポ感の共有がネックになっていたような気がします。けれど初回合奏の時に、1stヴァイオリンの方々はすぐに適応して、指揮者のテンポに合わせていてさすがだなと思っていました。
 ピリオド奏法について、普段の学校でのレッスンでも勉強されることはあるのでしょうか?

遠井 私は古楽専門というわけではないので、授業で出てきたことはほぼないです。学校で学んでいることといえば、たとえば指揮者が「今回の演奏会では、ピリオド奏法を用いて演奏しましょう」などと言わずとも、動きから何をしたいのかを掴み、表現することを中心に学んでいます。(文字で言い表すのが難しいので、伝わるか不安ですが…)用語を理解しているかということよりも、心や表現、曲の時代背景、オーケストラであれば団体で弾くときの合わせ方など、内面的なことや実際に弾いて学ぶことが多いです。

──実際に奏法を学ぶことはないのですね。私は授業で例えばバッハの作品を演奏する時には、モダン楽器でピリオド奏法を用いてのレッスンが行われるので、ヴァイオリンでも同様かと思っていたので、意外でした!先生のご専門や、考え方によっても異なるのかもしれませんね。では今回の演奏会で、どのようにピリオド奏法を使っていたのでしょう?

遠井 ベートーヴェンとブラームスの最初は前へ進んでいるイメージがあったので全体的に使われていたのかなと思います。でも実際に指揮者がやりたいように実現できたところは少なかったと思います。実際に本格的なピリオド奏法を用いるには、やはりピリオド楽器という古楽器を使ったり、古楽の奏法に特化した知識と技量が必要だなと改めて感じました。

──古楽の奏法をモダン楽器で表現するというのは、ある意味ピリオド楽器でピリオド奏法をすることよりも難しいのかも。今までのお話を聞いて、やはり先日の演奏での鍵は推進力、そしてそのためにどうやって音を運んでいくのか…ということにあったのかな、なんて改めて思いました。
 今さらですが、ブラームスの2楽章のソロ、うっとりしすぎて入り損ねそうなほどに、とっても素敵でした!またぜひご一緒させてください!本日はありがとうございました。

取材・文:神谷 咲妃

第4回定期演奏会「指揮なし」

指揮者なしで弦楽の名曲とベートーヴェンの交響曲に挑む 第4回定期演奏会「指揮なし」のプログラムは、2021年の初回公演でも取り上げたベートーヴェン作曲 交響曲第7番…