人々が自然と集まる“音楽プラットフォーム”へ
さまざまなバックグラウンドを持つ演奏家/音楽愛好家の集う場所を目指して

Vari Orchestraは、代表の佐藤の呼びかけのもと2020年に結成しました。アマチュアのトップ奏者から国際コンクール入賞者までが所属し、多様な発想を生かしVari Orchestraにしかできない自発的な演奏を目指しています。固定概念にとらわれることなく、様々なバックグラウンドを持つ人々が互いの意見をぶつけ合いながら自発的な音楽作りを進めていく場です。​

また、音楽を通して多くの人がつながる「プラットフォーム」として機能することを目標に、演奏者同士や、演奏者と聴衆の間に結びつきをもたらすことを目指しています。演奏・レッスンの依頼を奏者にお願いしたり、奏者の演奏会情報を受け取ったりすることのできる、プラットフォームになるべく、体制を整えています。その実現のため、より多くの人が自然と集まりたいと感じてもらえるような魅力的な演奏会の企画に取り組んでいます。

初回公演ではベートーヴェンの交響曲第5・7番に指揮者なしで取り組み、第2回定期演奏会では団員をソリストに据え、モーツァルトのフルート協奏曲とハイドンのチェロ協奏曲第1番、そしてシューベルトの交響曲第5番を取り上げ、大きな反響を呼びました。2022年度は活動を拡大し、定期演奏会のほか室内楽演奏会、メンバーによる協奏曲シリーズなど開催しました。

2023年度も更なる活動拡大に向けて、運営事務局一同尽力して参ります。皆様の温かいご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。